吐きつわりの軽減法

吐きつわりの軽減法

つわりは赤ちゃんが宿っている証拠ですので、嬉しい半面妊婦さんにはとても辛いことです。

この時期はなるべく無理をせず、症状が軽減されるよう工夫していかなければなりません。

つわりの中で一番多い症状は「吐きつわり」です。

妊婦さんの半分以上の方がこれを経験しているようです。

食べ物を食べていようがいまいがとにかくむかむかして気持ち悪くなり、吐いてしまうという症状が出ます。

この症状の場合はとにかく食べられるものだけを食べるようにしましょう。

症状を軽減するには生姜やビタミンB6が効果的だと言われています。

生姜は料理に生姜を入れたり、生姜湯を飲んだりして摂取しましょう。

ビタミンB6はにんにくやゴマ、海藻類、赤身の魚などを食べて摂取するようにしましょう。

嘔吐を繰り返していると脱水症状になる危険性がありますので、水分補給をしっかりとしなければなりません。

水が苦手な場合は水分の多い野菜や果物などから水分を摂取するようにしましょう。

食べつわりの軽減法

つわりには「食べつわり」という症状があります。

とにかく空腹になるとむかむかして吐き気がするのです。

食べつわりを軽減するには、何か胃に入れておかないといけません。

ただしつわりの軽減だからと言って食べ過ぎると、逆に気持ち悪くなってしまうので注意が必要です。

この時に一番重宝するのがパンやビスケットです。

手軽に食べられるし持ち歩くこともできるので、常にそばに置いておくといいようです。

また野菜サラダもお勧めです。

中には食べ物の匂いで気持ち悪くなる方もいますが、野菜サラダなら大丈夫な場合が多いです。

この時期は体もしんどく野菜サラダを作るのも億劫になりますので、その場合はスーパーやコンビニなどで売っているサラダやサラダパックなどを活用しましょう。

つわりを軽減する方法

またドレッシングによって味を変えることができるので、数種類のドレッシングを揃えて、その日の気分で味を変えると楽しいです。

デザートを食べたくなったら寒天をお勧めします。

カロリーも低いですし、喉越しもいいので食べやすいと思います。